FC2ブログ

いら☆くまっ!(目覚めた)

見た目は大学生・頭脳はエロゲ脳なイラックマによるエロゲーレビューブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】 あかね色に染まる坂

以前は地雷スレスレの作品を放出していたものの、前作「青空の見える丘」で一躍評価されたfeng。
※ややネタバレ多めです。ご注意ください。


キャラ・・・21/30点

主人公含め、全員が全員バラエティに富んだギャグキャラなので好感が持てました。
なぜか冬彦だけ不自然に持ち上げられてるのが気になりますが。

また、シナリオの項目に書いたとおり、重要な場面でのヒロインたちの選択はどう考えても不自然。
それに誰も干渉せず、ライターだけが全てをわかっているような語り口で進むので違和感を覚えることも多々。

CG・・・18/20点

冬彦の立ち絵は間違いなくち●こ触ってます。

それ以外にも立ち絵のバランスの悪さは目に付きますが、慣れれば気にならなくなりました。
一枚絵の方は、量は非常に少ないながら原画・塗りは非常に綺麗。
キャラデザはなちゅらるとん氏担当のつかさだけ若干浮いてます。もう一度言いますが私は大好きです。

余談ですが、この人の特徴なのか、抱き合うCGとかキスするCGが非常に多かったです。
個人的には好きなので良いんですが、もう少し一枚絵を入れるべきところがあったような気も。

エロ・・・14/20点

尺の長さはそこそこ、テキストもそこそこ、量もそこそこ、シチュエーションもそこそこ。
特につかみどころのない平凡なHシーンですが、会話が多いのとCGが綺麗なので良い感じ。
しかしCGの使いまわしが非常に目立ち、シーン数に対して枚数が少なすぎるのが残念。

仕様上見なくても先に進めますが、Hシーン以外にイチャイチャするシーンが非常に少ないので見ておきましょう。

そんなことよりつかさの巫女服Hだけは見ておくべし。

「眉毛剃れ」「エロゲにあるまじきブス」と皆にバカにされても、私は大好きです、つかさ。

シナリオ・・・5/10点  

一番長い優姫と観月のルートで26話、それ以外も24~25話という驚異的長さでしたが、
所詮個別ルートに分岐するのは19章あたりからなので全く長さは感じませんでした。

また、サイトウケンジ氏のパロディネタを非常に多く織り交ぜたギャグ調のテキストによりテンポは◎。
箒星氏やタカヒロ氏の二番煎じと言えなくもないですが、あくまで自然に使われていたのでダレ防止には充分。

先にシナリオを一言でまとめると、「力も無いのに無理するなよ」
どうも「ドラマティック」を勘違いして、ただ不快なだけの山場を作ってしまい失敗したご様子。

なごみ・つかさ・観月は、まあ「良作」とは言えないまでも可もなく不可もなくといったストーリー。
しかし問題は妹の湊と許婚の優姫。

湊・・・「私に男ができれば、優姫と離れなくてもいいと思ったから」と言って他の男と付き合おうとする
優姫・・・主人公の親友と政略結婚させられそうになり挙式でヴァージンロードを腕組んで歩く

世間はそれを「ドラマティック」ではなく「超展開」と呼びます。
別に「寝取られ死ね!」とかそんなことは言わないので構わないんですが、何の伏線もなくいきなり
この展開に突入されるとプレイヤーとしては不快なうえ意味不明。
何故兄より付き合い数ヶ月の友人を選んだんだろう。何もヴァージンロードまで行く必要あったんだろうか。

ちなみにつかさにも男性経験がある模様。(手も繋がず別れた、と独白)
男性経験があることでスパイスが効いてシナリオが面白くなったゲームも確かにありましたが、
他の男を引き合いに出さないとスパイスを効かせられないのでは困ります。

萌えゲーのくせに無理してシリアス入れて失敗する、2007年駄作の要因TOP3に入るであろうパターン。
萌えゲーなら萌えゲー、抜きゲーなら抜きゲー、バカゲーならバカゲーらしく最後まで貫いてほしかった。
もしくは「こういうゲームだ」という情報公開が少なすぎて、私含め「普通の萌えゲー」だと
勘違いしてた人が多かったんじゃないでしょうか。

ボイス・・・9/10点

初め見たときは「また微妙なキャストを」と思ったものですが、概ね演技に問題はありませんでした。
特に観月は破壊力抜群。また、男言葉を使うつかさボイスもかなり自然。「だぜ」とか使うと不自然になりやすいんですけどね。
ただ一つ、不満なのが湊。
日常シーンは許容範囲内の棒読みですが、Hシーンは流石に酷い。

「あっ・・・兄さ・・・ンッ・・・やめて・・・(棒読み)」
「兄さん大好きー(棒読み)」ってもうどこのマグロ女優ですか・・・


システム・・・5/10点

延期したためか、さすがに「起動しない」とかはなかったものの、誤植はかなり酷い。
※追記:一部で起動しないバグもあったとの話も。修正ファイルが出たようです。
ところどころの漢字変換ミスは当然、同じテキストが2回繰り返されることも。

またスキップ機能がイマイチでテンポの悪さが目立ちました。
章構成にしたため、章の切れ目でいちいち止まる、逆に止めようとしてもクリックじゃ止まらないなど。
また、一部CG閲覧時に差分が表示されないバグも。
これでもし延期してなかったら・・・と心配せざるをえません。






Total・・・72/100点

できれば普通に萌えゲーとして出していただきたかったのが本音ですが、
まあ「新しいジャンルへの挑戦」とでも捕らえておくべきか。
作品自体はそんなに酷い地雷でもないと思うんですが、やっぱり情報公開不足からくる「期待はずれ」が
この作品の酷評っぷりに拍車をかけているみたいです。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2010/08/06(金) 16:50:50 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://irakumadeq.blog32.fc2.com/tb.php/3-608718b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。