FC2ブログ

いら☆くまっ!(目覚めた)

見た目は大学生・頭脳はエロゲ脳なイラックマによるエロゲーレビューブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】 姉汁~白川三姉妹におまかせ~

「ナースにおまかせ」で一世を風靡したアトリエかぐや;Berkshire Yorkshireの姉ゲー集大成。


エロ・・・32/40点

クセのない和姦がウリのブランドですが、今回は特殊属性がないとムスコが萎縮してしまうので要注意。
それは下記のような裏ルートがあるため。

恭子裏ルート…主人公のち●こがミニマム&包茎になって恭子にいじめられ続ける
涼子裏ルート…主人公のショタになり、ち●こもミニマム化して涼子にかわいがられる
杏子裏ルート…主人公のち●こが杏子にくっついてふたなりになってそのまま姉妹3P

なんとお忙しいち●こだろうか。

恭子ルートが特に酷く、ソフトとも言い切れないようなSMプレイが続出するので「属性が無いと不快」との声も。
ちなみに主人公がロリロリ少女になったり、恭子の通常ルートはもち●こが2ℓペットボトル並みに巨大化したり、
猫のクリちゃんが擬人化してエロエロ少女になったりするので油断も隙もありません。

あとは「ナースにおまかせ」からさらにパワーアップしたCGやシチュエーション・テキストで、
抜けるかどうか言われれば間違いなく抜けるんですが、いくらなんでも詰め込みすぎ
1日1日朝起きて一発、昼間に一発、寝る前に一発、もうそんなに出ません。
終盤になると、シナリオはグダグダ、エロだけ絶好調なのでどうしてもスキップで飛ばしたい衝動が・・・

あとは中・外選択がいちいち出てくるのも抜きの妨げになることがあるので、どちらかを選択できるシステムが欲しいかな。
まあこんな文句が言えるのも、元のレベルがあまりにも高いからなんですが。

CG・・・18/20点

毎度お馴染みのchocochip氏。
「ナースにおまかせ」では重力に逆らったとんでもないおっぱいを書いていらっしゃいましたが、
「家庭教師のおねえさん」からはもう自然な大きさ・形になりました。
前作にもありました増量中の汁の描写は最早やりすぎ感も見えますが、
かぐやの主人公がやると意外と不自然にならないから不思議。

枚数的にも文句なしで、そのほとんどがHCGであることからも「エロ」に対する力入れ様が伺えます。

ボイス・・・15/20点

なんといっても特筆すべきはまきいづみ&一色ヒカル。もうこれだけで説明終了していいくらい素晴らしい。
Hシーンはもちろんのこと、日常の会話シーンでもいい感じに悪戯好きな姉っぽさが出てます。

Hシーンでは、もうすっかり有名になった一色ヒカルの貫禄のフェラ音が光ります。
まきいづみは結構ロリ色が強めですが、途中Hに目覚めたときの声の変わり様は流石。
ちなみに裏ルートにも成瀬未亜に茶谷やすらと超豪華声優陣を揃えており、演技に関してはもう言うことなし。


もう1人触れてない方がいますが・・・

苦手なんだよね、痴女。よく聞くと序盤より終盤の方が明らかにうまくなってるんですが、
ちょっと痴女っぽさが出すぎててどうにも・・・好きな人にはあれでいいと思います。たぶん。

キャラ・・・8点/10点

最早「抜きゲー界のアイドル」と言っても良いでしょう、白川涼子のキャラが光ります。
もうあんな姉ちゃんにうりうり~とかやられたら死んでもいいですよマジで。

ただ恭子はややアクが強すぎ。
和姦のジャンルに収まらないHシーンがでてきたのはやりすぎじゃないかと思いました。

システム・・・8/10点

他のかぐやブランドに比べても非常に使いやすいシステム。
QSAVE・ROAD・未読既読スキップ・ディスクレス可・バックグラウンド可と一通りの機能は揃っています。
欲を言えば前述の「中・外出し選択機能」が欲しかったところ。

また、前作「家庭教師のおねえさん」に見られたイベントのつながりのおかしさはほぼ解消。
多少見受けられるものの改善は見られました。




Total・・・82/100点
最早終盤になると目的なんぞ覚えていませんが、一応「女性の体液を集めるADV」です。
どう見ても逆に集められてますけど。

この作品で、ドキドキお姉さんから続く「和姦姉ゲー路線」は一時休憩。
確かにエロく、「ナースにおまかせ」から衝撃を与え続けたこの路線でしたが、あまりにも安定しすぎてしまいました。
贅沢すぎる悩みではありますが、何か変化を付けないと飽きられ始めているのも事実。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。