FC2ブログ

いら☆くまっ!(目覚めた)

見た目は大学生・頭脳はエロゲ脳なイラックマによるエロゲーレビューブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『さくらシュトラッセ』ゆー姉攻略完了

結局一気に読みきってしまった。
前作のドシリアスからコミカルへ、というコンセプトはかなり気にかけていたようで、
若干ぎこちないながらもギャグパートに重点が置かれ、それほど深刻感を味わうことなく終了。


で、問題点・・・というほどではないけど気づいたことが一つ。

※弱ネタバレ。かなりぼかしてるので、じっくり詮索しなければプレイに影響が出るレベルではありません・・・たぶん。


   あと、攻略で検索して来られている方が多いようなので書いておきます。
   基本は、マップでお目当てのキャラだけ選ぶようにすればいいみたいです。時々目的のキャラが現れないときがありますが、
   そのときは他のキャラをバラバラに選択。偏らないように。
   しばらくそれを続けると、『Sakura Strasse -○○(ヒロインの名前)-』と表示されルート確定。
   共通ルートは結構長く(最短4月16日?)、そのヒロインとのH1シーン目を見るとルート確定→個別に入る形になってます。




・・・それはかりんルート終盤でかりん本人も言ってたことで、「シナリオの最初と最後で全然進展がねえ」っていうこと。

これだけ時間かけてるのに、結局は内面の精神的な部分が変わっただけというか。
まさに逆浦島。それか一試合に何巻もかける某野球漫画。
普通のゲームで考えればほんのあらすじの一部程度、ライターによってはほんの数行で済ませられそうなところを切り取って
遠回りに寄り道を繰り返して何時間にも膨らませているのだから、
そしてそれを巧い言い回しやら音楽やらの演出で面白くしてしまうのだから、もうこれは逆に一種の才能だと思う。

個人的にはこういう、物理的な変化じゃなくて「人間」そのものの成長物語、っていうのは大好きだけど、
去年のオルタやもしらば、もしも今がそれらのシナリオがウケる風潮なら、あまり万人受けしそうなものではないような気がしました。
まあ一番変化の激しそうな2人を残してるのでまだなんとも言えませんが。

とりあえず面白いことには間違いないです。
シナリオの流れは(都香+冴香+つばさ)÷3かな。かりんと同様、

・主人公のアホさと立場の低さ
・ちょっとキャラが立ちすぎて若干鬱陶しいヒロイン
・イマイチふっきれてないわざとらしい2ch語連発ギャグ

(いずれも序盤限定)それにさえ耐えて個別ルートに入ることが出来れば、もう飽きることなく読みきれるでしょう。
主人公の性格が最難関。たぶんDMFやもしらばと比べても今作が最悪。完璧に好き嫌いはっきりしそう。




FC2ブログランキング

どっちのルートでも恋のキューピッド役だったマリーが不憫・・・だがあえて焦らしプレイで次はルゥリィへ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。