FC2ブログ

いら☆くまっ!(目覚めた)

見た目は大学生・頭脳はエロゲ脳なイラックマによるエロゲーレビューブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】 しあわせなお姫さま ~エンゲージは子作りのために~

やってまいりました2008年初抜きゲー。
「久しぶりの本格派抜きゲだ、じっくりやろう」と意気込み、プレイすること1時間。
無理。止まることなんてできない。エロすぎる。

結局発売1週間を待たずにレビューを書く次第となりましたとさ。


エロ・・・39/40点

和姦調教、というコンセプトから、SMとか開発とかそういったハードな方向に力を入れてきたのかと想像していたのですが、
「調教」なんてのは名ばかりで実際はただの「和姦」のみ。
プレイでSMや開発っぽいものが選択できるようになるのはもうラブラブになった後、
「リッツの頼みならなんでもいいよ(はぁと)」状態のときだけなので、調教してる、という実感は0。

しかしそのラブラブになるまでには結構な苦労が必要で、しばらくの間は「変態!」「平民風情の分際で!」
罵られながらも必死に夜伽やご奉仕をお願いする必要があります。
それでもイヤイヤながら結局折れてくれるのがかわいくて仕方がないのですが。

4まであるHレベルで、注目すべきはLv2→3への豹変っぷり

ついさっきまで「しょうがないから」「早く終わらせたいから」と義務感いっぱいで渋々受け入れていたのに、
レベル3になった瞬間「リーッツ、セックスしよ♪」な状態に。見事なツンデレっぷりです。
拒絶から始まった出会いですから感動も一入。
この瞬間のために『しあわせなお姫さま』を購入したと言っても過言ではありません。
Lv.4ではさらに、リッツ(のお○んぽ)のことしか考えていないエロエロお姫さまに大変身。
「・・・よ、夜伽を命じるなんて、身の程知らずもいいところよ!恥を知りなさい!!」なーんて言われてた頃を思い返せば涙さえ溢れそうです。

また、Hシーン内で特筆すべきはやはり「卑語」。

Lv.1から既に「おま○こズポズポしてるのぉ・・・」などと口走り、エロエロな才能を感じさせてくれますが、
このゲームの卑語で凄いのは状況説明を全てセシリアが行っていること。

自分の乳首、おま○この状態、リッツのち○ちんの形、匂い、ビクビク具合に至るまで
セシリアが全て詳細に説明してくれます。つまりシーンは全て主人公とセシリアの台詞だけで展開。
そのテキストの力の入れ具合も凄まじく、アトリエかぐやのような洗練されたスマートなものではなくて、
下品かつストレートに、見たものをそのまま文字にしていて非常にエロい。
CGよりも、むしろテキストのほうにお世話になったというのも満更嘘ではありません。
匂いフェチとしては、「くさい」「すごい匂い」などの単語が多かったのも嬉しいところ。


じゃあここまで絶賛しておいてなぜ39/40点なのか。それは、サブキャラにシーンを割いてしまったから。

エルティナやキリオも本当にエロくて、相当お世話になったのも事実ですが、
セシリアに愛着が沸き過ぎてサブキャラにそれほど魅力を感じられず、蛇足に思えてしまったのも事実。
サブキャラに行っていたプレイをセシリアにもやれよ、と思うことも多かった。
マーヤに至っては選択次第でプレイ中全く登場し無かったりとあまりに中途半端な存在で、
それを削ればセシリアのレベル5ぐらい作れたんじゃないかと。本当に惜しい。

セシリアオンリーで、レベル2→3の過程をもう少し漸進的に書くか、
もしくはさらにエロエロになったレベル5を作るか、どちらかをしてくれていれば満点を付けていたでしょう。
それでも、このストレートな卑語、キャラの魅力、匂い立つような描写、大満足させていただきました。しばらくはHDDに常駐です。


キャラ・・・17/20点

前述の通り、セシリアのツンデレ具合は私の理想の中で最高に近い形にあります。
Hシーンン、ご奉仕シーンをただ詰め込むだけじゃなくて「デート」というコマンドを作り、
少ないながらも恋愛部分を描いたのがHシーンにも良い影響を及ぼしていたと思います。

サブキャラの3人は非常に微妙な存在になってしまっていますが、決して不快感を与えるキャラではなかったのが救い。
皆それぞれに魅力があります。ただエルティナはどう見ても40手前にしか見えないので、
熟女趣味の無い私には少々キツいものがありましたが(実際は24歳らしい)。


CG・・・17/20点

原画が複数いますが、全体的に見ると汁気の描写、胸の柔らかさが特に目立ちました。
夜伽Hでは、行為を選択する順番によって精液が顔に残っている状態の差分が用意されていたり、
奉仕の内容によってご奉仕Hのあとのピロートーク時のCGの精液の量が違ったりと、
細かい気遣いにも非常に好印象を受けました。

枚数も文句無しで、Hレベルによって同じ行為でもCGがガラリと変わるのは本当に凝っているなあと。

ただ、原画家間の差がかなり顕著に表れてしまっています。
もともとサブキャラの存在が浮いているにもかかわらず絵柄が全く違い、その違和感にさらに拍車を掛けることに。


ボイス・・・9/10点

セシリア(Cv.かわしまりの)は、日常シーンではかなり適役だと感じましたが、
Hシーンでは卑語を連発する割に迫力というか臨場感が足りない気がしました。
まあこれに関しては、あっち立てればこっち立たずなことなのでしょうがないのですが。

そんなことよりエルティナ(Cv.三園あすか)の堂に入った熟女演技のほうが気になる。

年増特有のイントネーションだとか大人の余裕を纏った雰囲気だとかそういったものを完璧に表現し、
リアル35歳と話をしているような気分になりました(実際は24歳ですよ)。
エロ方面でも怒涛の3Dフェラ音を披露しており、今まで名も聞いたことがなかったのですが色んな意味で凄い声優さんだなと思いました。
ただしあまり攻略する気にはなりません。

適材適所、声に違和感を感じたキャラはいませんでした。人によってはキリオ(Cv.芹園みや)はちょっと気になるかも。


システム・・・9/10点

右クリックでメニュー表示タイプの、使いやすく軽いシステム。

文字速度、色分け、キャラごとの音声ON/OFF、BGMフェード設定、ウィンドウ背景の色に至るまで細かく設定可能で、
自動既読スキップ、前の選択肢に戻ることも可。
セーブはなんと250箇所。そんなに使うことはないはずですが・・・

テックアーツ系と同じく、インターフェースにこだわらずに細かい設定ができるようになっているシステムなので、
非常に快適にプレイできました。全体的に軽く、スキップの早さも◎。

ただ、あるご奉仕メニューを選択してからでないとできないご奉仕があったり、
次のHレベルに進むのに強制的にデートしないといけない場合があったりと攻略のシステムはやや面倒。
制約が厳しめで、闇雲に進めるだけではHレベル4になる前に終わってしまうので注意。





Total・・・91/100点

2作連続Sランク(90点以上)ってのはレビュー書く側としてさすがにどうかと思いましたが、
近年感じたことのないエロさだったのでどうしてもこれ以上点数を削れる部分も無く。

「調教」というキーワードから敬遠してしまう人もいるかもしれませんが、終始ラブラブなムードを崩すことなく続くので
「俺は萌えゲーしかやらねえぞ!にゃんにゃん!」って方も意外とすんなり入っていけると思います。
最近しばしば見かけるようになった「和姦調教」というテーマのゲームの中ではかなりの高レベルかと。
卑語好き、ツンデレお嬢様好きなら是非。




FC2ブログランキング

「おち○ぽミルク」って最近定着してきましたね

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。